ハズミズム

ハズミズム

市民の森・野外ステージ|愛媛県今治市

Gotch

Gotch(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターであり、ほとんどの楽曲の作詞・作曲を手がける。2010年にレーベル「only in dreams」を発足。ソロアルバムとして『Can’t Be Forever Young』、『Good New Times』を発表。2017年はGotch & The Good New Timesとして数々のフェスへの出演が決定しており、今回はそのメンバーでもある井上陽介(Turntable Films/Subtle Control・写真左)と共に出演。
▶ www.onlyindreams.com
▶ gotch.info/
▶ Gotchの動画を見る

bonobos

bonobos

レゲェ・ダブ、エレクトロニカ、サンバにカリプソと様々なリズムを呑み込みながらフォークへと向かう、多彩なアレンジと卓越した演奏能力にボーカル蔡の心に触れる歌声が混ざりあう、天下無双のハイブリッド未来音楽集団!蔡忠浩(V,G)森本夏子(B)小池龍平(G)田中佑司(Key)梅本浩亘(D)の4メンズ&ウーメンでお届けします。
▶ bonobos.jp
▶ bonobosの動画を見る

トクマルシューゴ

トクマルシューゴ

さまざまな楽器や非楽器を用いて作曲・演奏・録音をこなす音楽家。2004年NYのインディレーベルより1stアルバムをリリース、各国のメディアで絶賛を浴びる。以降、国内外ツアーやフェス出演、映画・舞台・CM音楽 制作など幅広い分野で活動。2016年10月には4年ぶりとなるアルバム『TOSS』をリリース。2017年、瀬田なつき監督映画『PARKS パークス』の音楽監修を務め、音楽フェス『TONOFONFESTIVAL』を2年ぶりに主催するなど活動のフィールドをますます広げている。
▶ www.shugotokumaru.com
▶ トクマルシューゴの動画を見る

鎮座DOPENESS

鎮座DOPENESS

1981年生まれ、東京出身のラッパー。独特な声質と巧みなスキルを駆使したラップで、フリースタイルMCバトルのシーンから頭角を現す。ソロとしての1stアルバムは2009年発表の「100%RAP」。同年、日本最高峰のフリースタイルMCバトルのトーナメント「ULTIMATE MC BATTLE GRAND CHAMPION SHIP」で優勝。2012年3月に鎮座DOPENESS & DOPING BANDによるアルバム「だいぶ気持ちいいね」、2014年DJ UPPERCUTとの「T.U.B.U E.P」発表。
▶ 鎮座DOPENESSの動画を見る

中山うり

中山うり

1981年 1月9日 埼玉生まれ。シンガーソングライター。2007年〜2011年の間にアルバム6枚(EPを含む)をリリース。2011年、自身作詞・曲の「回転木馬に僕と猫」がNHK「みんなのうた」でオンエア。2012年からセルフプロデュースで『ホロホロ』、2014年には『鰻』、2016年8月、9thアルバム『マホロバ』をリリース。Eテレ(教育)「シャキーン!」のうたコーナーにて自身の書下ろし楽曲「モシモシーソー」がオンエア。全国津々浦々、ライブ活動を精力的に展開中。
▶ nakayamauri.com
▶ 中山うりの動画を見る

WAIWAI STEEL BAND

WAIWAI STEEL BAND

ドラム缶からできた楽器「スティールパン」を操る、新世代スティールパンオーケストラ.総勢50名を超える大所帯バンドでダイナミックなライブを繰り広げている.スティールパン発祥の地、トリニダード・トバゴの音楽に影響を受けつつも、リーダー伊澤陽一のフィルターを通したノスタルジックで叙情的な世界観が特徴。初のハズミズムはなんと両日ともに出演。2日間のセットリストをガラリと入れ替えて熱演を繰り広げる。
▶ waiwaisteelband.com
▶ WAIWAI STEEL BANDの動画を見る

島津田四郎&The
 318'S

島津田四郎 &The 318'S

香川在住天才シンガーソングライター。 夢か?はたまた現実か?その境界が判別不能なのは歌よりもむしろ本人の存在自体。人生の不可思議を教えてくれるでもなく、ふにゃふにゃとそこにいる歌と時々突き刺さってくる言葉は全くもってBGMには不適切!なのにポップ!曽我部恵一氏のROSE RECORDよりアルバム3枚をリリースしています。TEXT BY 平井正也 (マーガレット ズロース)
▶ www.shimazutashiro.com
▶ 島津田四郎の動画を見る

ギターパンダ

ギターパンダ

パンダのきぐるみに身を包み、ギターを演奏、うたをうたう。一見ふざけているかと思われると思いますが、そうではなく、見る人たちを楽しませたくてやっています!日々、ひとり、パンダとギターをかかえロックンロールを演奏する旅に出ています。ときどきベースとドラムの3人で、バンドのギターパンダもやっています。
▶ guitarpanda.net
▶ ギターパンダの動画を見る

このページのTOPへ