おとなも こどもも ハズむ 音楽フェスティバル
11.3

ハズミズム
cowbells

キセル

辻村豪文と辻村友晴による兄弟ユニット。カセットMTR、リズムボックス、サンプラー、ミュージカルソウ等を使用し、浮遊感あふれるファンタジックな音楽を展開。スピードスター在籍時に4枚のフルアルバム、2006年カクバリズム移籍後も「magic hour」「凪」「SUKIMA MUSICS」「明るい幻」「The Blue Hour」などの名盤を発表。結成20周年の今年は8月21日にカクバリズム移籍後のベスト盤『Kicell’s Best 2008-2019』をリリース、9月16日には日比谷野外大音楽堂での3度目のワンマンを開催する素敵な2人組である。
▶ www.nidan-bed.com
▶ キセルの動画を見る

オーサカ=モノレール

オーサカ=モノレール

92年結成。一貫して「68~72年のFUNKサウンドを現代に蘇らせる」ことに執心し、シーンの第一線を走り続けている。ジェイムズ・ブラウン・ファミリーの歌姫、マーヴァ・ホイットニーとマーサ・ハイの招聘、アルバムプロデュースも手掛け、2006年頃より海外でも積極的に活動。ノース・シー・ジャズ・フェスティバルやモントリオール国際ジャズ・フェスティバルなど各国の大型フェスに出演。これまでに22ヶ国で240公演以上を実施。2019年は10月にヨーロッパツアーが決定。現在オリジナルアルバムを制作中である。
▶ www.osakamonaurail.com
▶ オーサカ=モノレールの動画を見る

libro

LIBRO

日本のヒップホップ・シーン黎明期に活動をスタート。97年にラップ、トラックメイキング双方を手がけるスタイルでデビュー。98年にリリースしたミニ・アルバム「胎動」は、自らのスタイル確立に切磋琢磨するヒップホップ・シーンにおいて、全く新しい風を吹き込み、大きな話題を呼ぶ。トラックメイカーとしてあらゆるジャンルの匂いを取り入れつつ、何にも偏ることのない自らのジャンルに昇華する突出したセンスでラッパーやシンガーにトラックを提供。2016年5月、全編ラップソロアルバム「風光る」を、2018年12月、フルアルバム「SOUND SPIRIT」を発売。
▶ libro-ampedmusic.blogspot.com
▶ LIBROの動画を見る

ハモニカクリームズ

ハモニカクリームズ

ケルトとブルースを背景とするハモニカ、フィドル(ヴァイオリン)、ギターによるインストバンド。珍しい楽器編成から生まれる艶やかな旋律とエモーショナルな衝動が連続し疾走する。2012年に世界最大級のスペイン国際ケルト音楽祭「フェスティバル・オルティゲイラ」のコンクールでアジア人史上初優勝を収める。以後、欧州各地のフェスティバル出演をはじめ、各アルバムは日欧米のラジオや紙面でも取り上げられる。歌詞を持たないことで自由に受け取れる音の反射が、アコースティックからエレクトロまでジャンルや国籍、年齢の枠を越えて広く評価されはじめている。
▶ harmonicacreams.com/
▶ ハモニカクリームズの動画を見る

オーサカ=モノレール

mmm with エマーソン北村

2016年6月、旧グッゲンハイム邸のイベント「初夏のセンバツ」にてmmmとエマーソン北村はほぼ初対面でセッション。これをきっかけに「with」や「and」名義のライブを行うようになる。2019年10月にはドイツのWEEK-END FEST#9へ出演が決定。その後のUK、ヨーロッパツアーに合わせた作品リリースを計画中。各々がソロアーティストでありながら、曲作りにおいても演奏においても対等にアイデアを出し合い、一人では聴くことのできない(そして誰もが聴いたことのない)音楽を生み出したいと考えている。
▶ mmm-memymoe.tumblr.com
▶ www.emersonkitamura.com
▶ mmm with エマーソン北村の動画を見る

cowbells

cowbells

2011年愛媛県で結成。2setのdrumを組み合わせたシンプルな構成に、トリガー、シンセサイザー、サンプラーで音に幅を持たせた演奏スタイルで、ライブハウス以外にもクラブ・野外・幼稚園・バレエ公演・温泉旅館など、愛媛・香川を中心に全国で活動。 2019年11月新譜release予定。
▶ cowbells2011.wixsite.com/cowbells
▶ cowbellsの動画を見る

霊界似顔絵師・境みなと

霊界似顔絵師・境みなと先生がやってくる!

似顔絵だけでなくあなたの背後霊の似顔絵まで書いてくれる霊界似顔絵師、境みなと先生がまたまたハズミズムにやってきます!

境みなと

カニ柄シャツに鳥居のメガネといういかがわしい出で立ちで、「お客さんの似顔絵」+「お客さんの"背後霊"の似顔絵」を描く異色の似顔絵師。あるいは新手の霊感商法。様々なイベントやライブに出没しては日銭を稼ぐ。スピリチュアルかスピリチュ無シか?あっという間に予約でいっぱいになるのでご注意あれ!

NakasekoShun/tomtom

漂着DECOワークショップ

海岸に流れ着いた漂着物でとても可愛い作品を作るTOMTOMによるワークショップ。ゴミとして捨てられたモノたちが、アートの力で新しい何かに生まれ変わる!楽しい制作の過程でモノに対する深い洞察とアイデアを培うことができる!かも!

tomtom

京都府出身、愛媛県松山市在住。 虫の音を用いて作曲するフィールドワークの他、地元商店の人やアーティストとのトークショー企画、漂着物を使ったオブジェ ・楽器 ・漂着DECO などの制作、昆虫ユニット 「蟲けら」でのパフォーマンス 、移動式個人商店「凸凹商店」のゲリラ出店など表現活動が多岐にわたる。自身の活動の拠点としてSPONTANEOUS RECORDS主宰。 ▶ spontaneous.berta.me

kodomo

kodomoのワークショップ ~惑星のかけらを作ろう~

たくさんのいろんな形のかけらから好きなかたちをひとつ選んで、 好きないろにぬって描いて自分だけの惑星のかけらを作ろう!できたかけらは ペンダントかブローチになるよ、胸につけてみんなに見せびらかそう。 1かけら ¥800 所要時間:20分くらい

kodomo

変身をテーマに 子供服•変装布小物製作の傍ら、ダンボールをはじめとする梱包資材を使ったオブジェや惑星のかけらなど立体製作に萠ゆる日々。大人も子供も自分も楽しむワークショップの考察しながらあっちらこっちら。どうぞいっしょに遊んで下さい。

kodomo

ペタペタックン/petapetakkun

ガムテープを細くちぎり、帽子などに埋め尽くすように貼り込んで行く藤原拓海さん(たっくん)。貼っている帽子の表面が見えなくなるほどぺたぺたぺたぺた。完成した作品はガムテープで覆われた独特な質感。そんなたっくんを真似て「ガムテープをいろんなものに貼っていくワークショップ」をします。「サコッシュ(小さめの肩掛けカバン)」「帽子」「Tシャツ」をつくることができます。

藤原 拓海

スーパーボールが木桶の中で転がる感触や、絵の具が水でひちゃひちゃになる様子。ガムテープで埋め尽くされた帽子。どれもたっくんが大切にしている触覚や感覚が効いている。さりげない存在感、佇まいが魅力的。

kodomo

ハズミズム限定「☆イエス・ノーだるま☆」のワークショップ

松山市で、だるまの置物を製作している富久だるま道場によるワークショップ。いつものスタンダードなだるまの販売はもちろん、今回はハズミズム限定「☆イエス・ノーだるま☆」のワークショップをいたします。お顔と背中の違った表情で、youのご機嫌をうかがえちゃう優れものです。世界で一つのオリジナルだるまで、あなたのお部屋に妙な風を吹かせてくださいね。

富久だるま道場

松山市にて、だるまの置物を製作しております。 うれしいときも、そうでないときも、あなたのおそばにいたいから。

このページのTOPへ